お金の借り方

金欠で困った時のお金の借り方とは?

金欠でどうしてもお金が足りないということも時にはあると思います。そんな時には、どこかでお金を借りてピンチを乗り切るということも一つの対処法と言えるでしょう。

 

そのためにはお金の借り方について知る必要があるわけですが、その際に大事となるのは『どこでお金を借りるか』ということであり、それがお金の借り方の最大ポイントとなるかも知れません。

 

お金を借りる先にはこのような場所がありますよね。

  • 親や友達
  • 銀行
  • 信用金庫
  • 消費者金融
  • クレジットカード
  • 学生ローン
  • 会社
  • ネット掲示板
  • 闇金

困った時に必要なお金を貸してくれる先はこのように意外と多いんですよね。そのため、お金の借り方は1つでなく選択肢がいくつもあることになります。

 

更にこれらの選択肢をまとめると、このように2つとなるのです。

  1. 金融機関からお金を借りる:銀行・信用金庫・消費者金融・クレジットカード・学生ローン・闇金
  2. 金融機関以外からお金を借りる:親や友達・会社・国・ネット掲示板

 

金融機関からのお金の借り方

金欠で困った時にお金が借りられる金融機関と言えば銀行や信用金庫、プロミス・アコム・アイフルなどの大手の消費者金融、キャネットやライフティ・ダイレクトワンなどの中堅の消費者金融などがあります。またキャンパスやアミーゴなど学生が利用できる学生ローンもあり、お金の借り方には多くの方法があることが分かりますよね。

 

こういったサービスは昔とは違い、来店や電話だけでなく今ではパソコンやスマホ・携帯からでも申し込みができるようになっているんです。

 

またクレジットカード会社でもキャッシング枠の利用が可能ならば、お金を借りることができます。前もってキャッシング可能なクレジットカードを持っていれば、利用可能額の範囲内で足りないお金を今すぐにでも借りることができるので、場合によってはどんなキャッシングサービスよりも手っ取り早いお金の借り方と言えるでしょう。

 

ただし、金融機関ではあっても利用してはいけないのが『闇金』です。どこでお金を借りるかはその人の状況や都合により変わって来ると思うのですが、闇金の場合は法外な利息を取られるだけでなく、怖い取り立てに遭うことも多いため絶対におすすめできない悪徳金融業者と言えます。

 

ところで、上記のように金融機関からのお金の借り方はいくつもあるのですが、金欠で困った時に頼りになる融資と言えば、やはり銀行や消費者金融のカードローンキャッシングとなるでしょう。例えば教育費が足りない時には教育ローン、車の購入費用を借りたいならばマイカーローンなどの利用がおすすめとなるのですが、使い道が自由であり最短で即日融資も可能となる便利さはカードローンの方が圧倒的に優位であると言えるからです。

 

使い道自由なカードローンを利用する場合には、何よりも「重視したいこと」を中心に申し込みする金融機関を決定することがおすすめです。

  • キャッシングの人気ランキングで上位になっているサービス
  • 低金利でお金を借りられること
  • 即日融資が可能なこと
  • 安全にお金が借りられること
  • 比較的審査の基準が柔軟となっているサービス
  • 高額融資が利用できること

もちろん、全てを満たすことができるサービスが理想と言えるのですが現実的には難しいため、最も重視したいことに照準を絞って申し込みする場合について以下で解説していきます。

 

キャッシングの人気ランキングで上位のサービス

多くの人が利用するキャッシングサービスと言えば、銀行でも消費者金融であってもテレビCMで有名な所が殆どとなっています。またインターネットでもこのような金融機関はキャッシングの口コミでも評判が高く、更には申し込みから借入れまでの流れも容易に知ることができるので、お金の借り方を知りたい人にはとても参考になることでしょう。

 

人気ランキングで上位となっているサービスにはこのような所があります。

  • 三井住友銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • 楽天銀行
  • 新生銀行カードローン レイク
  • プロミス
  • アコム
  • アイフル
  • モビット

お金の借り方で重視したいポイントがランキング上位となっているサービスならば、このような所がおすすめとなります。誰もがおすすめする人気のサービスならば安心して

 

低金利でお金が借りられること

お金の借り方として最も重視したいことが低金利でキャッシングできることであるならば、やはり銀行カードローンの利用がおすすめとなるでしょう。金利が低ければ、借り入れから完済までに支払う利息の総額を少なくすることができます。また、低金利のキャッシングでお金を借りた場合、少しでも早く返済を終了することも可能になるのです。

 

もっとも借りる金額が少額であったり早期に借りたお金を返済できる場合には、金利の差もそれ程気にならないことも多く、その点では必ずしも低金利であることだけを重視する意味はないと言えるでしょう。

 

また、低金利のサービスでお金を借りた場合であっても、返済シミュレーションなどで毎月ムリなく支払いができる金額を試算することも必要です。住宅ローンや教育ローンなどの目的ローンよりも高めの金利となるため、返済計画を立てることは大切となります。

 

その他にも人気キャッシングサービスには30日間無利息サービスを用意している所もあるんです。初回の利用に限られますが、無利息期間中は利息0円でお金を借りることも可能です。ただし、利用の金融機関には無利息でのお金の借り方には条件がある場合もあるため、ホームページや口コミをチェックしておきましょう。

 

即日融資が可能なこと

どうしても今日中にお金を借りたいという時には、即日融資も可能であることを重視したお金の借り方が必要になるでしょう。このような時に頼りになるのがプロミスやアコム、アイフルなどの大手消費者金融であり、その理由はこのようになります。

  • 審査時間は最短30分
  • 融資までの時間は最短1時間
  • 自動契約機を設置している
  • 土日の即日融資にも対応が可能

そのため即日借入れが希望の場合、おすすめしたいお金の借り方とは個人向け融資を専門としている有名なキャッシングサービスを利用することと言えるのです。銀行よりも豊富なノウハウを持っていることや、時間外や土日も対応可能な自動契約機を設置していることなどがその理由となります。

 

自動契約機とは、申し込みから契約書やカードの発行までできる無人の契約機のことですが、自宅にカードや契約書が郵送されることを避けることができるというメリットがありますが、何と言っても発行されたカードでコンビニのATMからでも即日キャッシングが可能になるということが大きなメリットとなっているのです。

 

ただし、来店なしでWeb完結により即日振り込みしてもらいたい場合には、平日の14時30分ころまでに契約を済ませておく必要があるんです。基本的に借入れの方法は指定口座への銀行振り込みとなるため、銀行が当日扱いの振り込みの受付をしている時間までに振込依頼をしないと、翌営業日以降の入金となってしまうこともあるので要注意です。

 

安全にお金が借りられること

いくら即日でお金を貸してくれるサービスであっても、安全なお金の借り方ができないのでは決しておすすめできるサービスとは言えません。例えば闇金ならば審査なしや在籍確認なしでもお金が借りられる可能性があります。ですが借りるのは簡単ですが、法律を無視した高金利で高い利息を取られたり、怖い取り立てに遭うことも多いです。

 

それならば、審査が厳しくても安全なお金の借り方のできる金融機関を選択した方が安心ですよね。また、このようなサービスには安全なだけでなく更に便利なシステムが確立されているんです。

  • コールセンターが設置されている
  • レディースローンが利用できるサービスもある
  • 土日でも即日キャッシング可能な所もある
  • コンビニキャッシングも可能
  • パソコンやスマホ・携帯からでも申し込み可能

問合せや融資の相談など、電話による窓口があるのは安心して利用できる条件の1つと言えるでしょう。大手ならばフリーダイヤルが用意されていることが多く、通話料無料で気楽にオペレーターと電話で話せるようになっているんです。

 

またプロミスやアコム、アイフルやレイクなどはレディースローンも用意していますので、女性が通常のカードローンよりも安心して利用できるサービスが整っています。土日であっても即日キャッシング可能なサービスもありますし、コンビニに設置されているATMを利用すれば平日以外の土曜日や日曜日、祝日でも借入可能にとなっています。

 

また申し込みはインターネットが主流となっていますが、中でも人気のキャッシングサービスならばスマホや携帯からでも申し込みができるようになっている他、専用のアプリも提供している所もあるんです。

 

比較的審査の基準が柔軟となっているサービス

どうしてもお金を借りれないと困るという時には、キャッシング審査に落ちた場合には途方に暮れてしまうことでしょう。そのため、絶対に審査に通る必要があるのですが、それならば比較的審査の基準が柔軟となっているサービスに申し込みをするのがおすすめのお金の借り方となります。

 

それには、銀行よりも消費者金融の方が比較的審査の基準が柔軟となっている傾向にあるため、審査に通る自信はないけど審査落ちも困るという場合には、消費者金融の利用が便利と言えるでしょう。ただし、総量規制の対象となっている消費者金融で専業主婦の方が申込みする場合には、大手では取扱いがないため利用不可です。

 

それでも、一部の中堅キャッシングサービスならば、配偶者貸付により専業主婦の借入れも可能となっていますので、対応可能となっている所ならば申し込みすることができます。

 

更には、スカイオフィスやライフティ・キャネットといった街金の方がより柔軟審査となっていますので、そちらの利用も検討してみると良いかも知れません。

 

ただし、正規の貸金業を営んでいるサービスに申し込みする場合、過去に自己破産などの債務整理をしていたり、返済の滞納などがあってブラックとなっている場合には、審査に通る可能性が低くなってしまうんです。「ブラックOK」を謳っている金融業者は闇金であることが多いため絶対にお金を借りないように注意する必要があります。

 

高額融資も可能なこと

できるだけ高額の融資を受けたいという時には、銀行のサービスを利用するのが理想的なお金の借り方と言えるでしょう。その理由は主に2つあります。

  • 高額融資ができる資金力がある
  • 総量規制の対象外となっている

銀行は企業向けの融資をメインとしていますし、預金などで資金を確保できることから消費者金融よりも資金力があると言えるでしょう。そのために高額の融資も可能になっていますし、低金利で融資ができる仕組みが整っているんです。

 

また貸金業法に沿って融資を行っている消費者金融とは違って「総量規制の対象外」となっているため、銀行ならば年収の3分の1を超える金額を借りることも可能になっています。そのため、複数の借金をまとめることも可能ですし、借金を一本化することで金利が下がる場合も多いのです。

 

ただし、高額の融資を受ける場合には審査に多少の時間がかかることもあります。金額にもよりますが、今すぐに高額のお金を借りるのは簡単ではないということを覚えておくと良いでしょう。

 

金融機関以外からのお金の借り方

金融機関以外から必要なお金を工面する場合、親や友達、会社、国の融資などに頼るというお金の借り方もありますよね。この場合には金利が発生しない可能性も高く、信用情報機関へ信用情報を照会されることもないことから、ブラックになっている人が最後に頼れる場所でもあるでしょう。

 

返済期日に遅れてしまっても待ってもらえる可能性も高く、そのことで信用情報にキズが付く心配もありません。このことから、金融機関より個人や勤務先からお金を借りる方がメリットが多いように思える場合もあるでしょう。

 

ですが、金融機関以外からの借入れにはデメリットもあるんです。

  • 今すぐ必要な金額が借りれないこともある
  • 人間関係にキズがつくこともある

 

金融機関以外だと今すぐ必要な金額が借りれないことも

金融機関とは違い、個人の場合には借金の申し込み自体断られることもありますし、借りたい金額が高額の場合には、全額までは借りれないこともあるでしょう。また今は手持ちのお金がないと言われることもあると思います。

 

また国の融資であっても手続きには一定の期間を要するため、今すぐお金を借りることはできません。金融機関よりも低金利で利用することができますが、スピードを重視したお金の借り方は望めないでしょう。そのため、まとまったお金を少しでも早く調達するためには金融機関を利用する方が手っ取り早いですし、おすすめとなるのです。

 

更に個人からの借入れというと、ネットの掲示板などを利用する人もいますが、これには注意が必要となります。

  • 詐欺被害の対象となってしまうこともある
  • 他人に個人情報を知らせてしまう危険性がある
  • 闇金が潜んでいることもある

ネットの掲示板で「お金貸します」という言葉を見かけたら要注意です。殆どが上記の内のいずれかを目的としていると思っていた方が良いでしょう。詐欺被害者となる相手を探している場合もありますし、安易に個人情報を知らせてしまうことにもなるのです。

 

また中には闇金が潜んでいる場合もあり、無利子でお金を貸してくれる親切な個人を装っていながら、実は高利貸しであったというケースも多いのです。

 

個人間のお金の貸し借りは人間関係にキズがつく元に!

個人からお金を借りる場合、信用情報にキズがついていても影響がないことが多いですが、借りたお金を約束の返済期日までに返さない場合、人間関係にキズがつく元となることもあります。あなたを信用してお金を貸してくれた相手の信頼を裏切るばかりか、そのために今度は相手の人が金欠となってしまい迷惑をかけてしまうこともあるでしょう。

 

このようなことが原因で相手の人から信用を失うことになると、再び信用を得ることは非常に困難となり、それまでに築いてい来た関係を壊してしまう結果となる場合もあるのです。このようなことを防ぐには、返せる金額だけを借りるか、個人からの借金は控えるかのどちらかとなるでしょう。

 

金融機関からのお金の借り方とは?申込みの流れを解説!

最も重視したいお金の借り方が決まったならば、その条件に最も合う金融機関に借入れの申し込みをする必要があります。おすすめは1つだけでなく3つ位の選択肢を作っておくことと言えるでしょう。

 

審査はそれぞれの金融機関によって基準が違うというのがその理由です。初めに申し込みした所がたまたまあなたの属性に合わなかったということもあるため、その場合には次の選択肢に気持ちを切り替える必要があります。

 

ただし、一度に3件を超える申し込みをすると『申込みブラック』という状況になってしまうこともあるため、3回連続して審査に落ちてしまった時は、金融機関への借入れの申し込みは最低でも「6か月」は控えることがおすすめです。この期間が経過すれば、信用情報機関での申し込みの記録が抹消されるからです。

 

申し込みをしてから融資を受けられるまでの流れはこのようになっています。

  1. 申し込み
  2. 審査
  3. 契約
  4. 融資

どこの金融機関を利用するにしても、このような流れで申し込みの手続きは進んでいくことになるのですが、詳細については以下で説明していきます。申し込みをする前にお金の借り方をしっかりと把握しておきましょう。

 

お金の借り方@⇒申し込み

金融機関に申し込みをする方法は次の通りとなります。

  • パソコンやスマホ・携帯を利用
  • 店頭窓口に来店
  • 自動契約機のある店舗に来店
  • 電話
  • 郵送

意外にもキャッシング申し込みには色々な方法が用意されているのですが、その中で最も早く申し込みができるのは、やはりパソコンやスマホ・携帯を利用する方法となるでしょう。インターネットを利用する申し込みならば、24時間365日申し込み手続きができるというメリットがあるからです。

 

お金を借りたいと思ったその時点で申し込みができるため、場所や時間を選ばないという便利さがあるからですが、即日融資を希望するならばで朝の内に申し込みしてしまうことをおすすめします。

 

必要書類の提出はパソコンからでも当然できるのですが、大手の消費者金融で用意されているスマホ専用アプリにも必要書類の提出ができる機能があるんです。素早く申し込みしたい時や、普段パソコンよりもスマホに触れる機会が多いという方には便利と言えるでしょう。

 

お金の借り方A⇒審査

特に人気ランキングで上位になっているキャッシングサービスならば、審査時間は最短30分となっています。これは即日融資でお金を借りたい時には必須の条件と言えますし、審査に何日も時間がかかるサービスだと今すぐお金を借りることはできません。

 

審査では以下のことを参考に申し込みする人の返済能力を厳しくチェックすることになります。

  • 申し込みフォームに入力した内容
  • 個人信用情報機関で照会した信用情報
  • 在籍確認の結果

 

申し込みフォームに入力した内容

申し込みフォームにはいわゆる「属性」とも言われる本人の情報を入力する必要があります。

  • 名前
  • 年齢
  • 性別
  • 住所
  • 電話番号
  • 住居の状況(賃貸・持ち家)
  • 居住年数
  • 勤務先名・住所・電話番号
  • 勤続年数
  • 年収の金額
  • 他社からの借り入れ状況

このような情報が審査では重要な資料となり、貸したお金をきちんと返済できるだけの能力があるのかが判断される訳です。この中で特に重要視されるのは、年収や勤続年数、そして他社からの借入状況と言えるでしょう。

 

年収が多ければ返済に要するお金を確保することも容易となりますし。勤続年数が長ければ簡単に勤務先を退職する可能性が低くなるため、返済する資金に困る心配もないでしょう。

 

また、他社借入れが多い人は返済が困難になる可能性が高いですし、自己破産などの債務整理をすることにより貸し倒れとなる可能性もあるでしょう。金融機関では借金の踏み倒しをされると困るので、初めからそのような状況となっている人にはお金を貸さない傾向にあるんです。

 

個人信用情報機関で照会した信用情報

いくら充分に返済できるだけの収入があっても、過去に返済の長期滞納や自己破産などの債務整理をしている場合、信用に足りる人とはならないでしょう。

 

利用者にそのような履歴がないかを確認するためには信用情報の照会が必要となり、保証人不要・担保なしで融資をしても大丈夫な人であるか確認するのが通常の流れとなるのです。

 

一般的には自己破産は5年から7年、返済の長期滞納は5年の間に渡り信用情報機関にその事実が登録されることになっているため、その間に信用情報を照会された場合、金融事故があったことが判明することになります。その場合には審査落ちとなる可能性も高くなるでしょう。

 

在籍確認の結果

返済能力の最終確認として在籍確認が行われることが一般的となっています。
申し込みフォームに入力した勤務先情報に間違いや嘘がないかを確認するために、本人の職場に在籍を確認するための電話連絡が入ることになるのです。

 

銀行の場合はそのままの名前で電話をかけてくるケースもあるようですが、消費者金融では個人名で電話をかけてくれるので、特に不安になる必要はないでしょう。

 

また、大手消費者金融のモビットでは、「WEB完結申込」により電話連絡ではなく書類のみでの在籍確認に替えることが可能になっていますし、土日や祝日などには平日とは違う形で在籍確認を実施してくれるキャッシングサービスもあります。

 

このような方法で在籍確認が取れると審査通過となる場合が多く、別の言い方をすれば在籍確認が行われる段階まで進んでいれば、ほぼ審査通過が決定している状況であると言えるでしょう。

 

お金の借り方B⇒契約

無事に審査通過となれば、お金の借り方としては融資までもう少しということになるんです。
契約の際に作成された書類は来店ならばその場で手渡しとなりますが、インターネットから申し込みをした場合、多くは郵送となります。

 

この時に注意したいのは、親や家族に内緒でお金を借りる場合です。自宅に見慣れない差出人の郵送物が届けば家族は不審に思うかも知れません。例えばアコムからお金を借りる場合には、「ACサービスセンター」という名前で郵便物が届きます。

 

その他の消費者金融の場合にも同じようにそのままの名前で郵便物が送られてくることはありませんが、親バレや家族バレの不安は残ることでしょう。

 

その場合には、自動契約機を利用できる金融機関であれば来店してカードと一緒に契約書類を発行してもらうのがおすすめです。

 

そうすることで、契約書類が自宅に郵送物されることはなくなりますので、審査に通過した後に自動契約機を設置している店舗に足を運ぶか、実店舗で直接契約すると良いでしょう。

 

お金の借り方C⇒融資

契約書類を受け取るといよいよ融資を受けることができる段階となります。お金の借り方には主に3つあり、利用するサービスによりその方法は異なっているんです。

  • 振り込みによる融資
  • ATMからカードキャッシング
  • 店頭窓口で手渡しで借り入れ

 

通常のお金の借り方といえば、振り込みによるキャッシングとなります。ただし、中には口座不要となっているキャッシングサービスもありますので、その場合にはATMからカードを使ってお金を引き出す形となるのです。

 

銀行や有名なキャッシングサービスならばセブン銀行、ローソンATM、ファミリーマートなどのコンビニに設置されているイーネットのATMからでも借り入れや返済が可能になっています。

 

ただし、銀行カードローンや学生ローンならば振込みの他にも直接店頭窓口に行って手渡しでお金を借りるということも多いでしょう。

更新履歴