学生ローン 借り方

学生ローンからのお金の借り方

大学生や短大生、専門学校生などの学生ならアルバイトをしている方も多いでしょう。それでもバイトの給料だけではお金が足りないという時もあると思います。そんな時は金融機関からお金を借りるという選択肢もあって、一般的には20歳以上で安定した収入があれば学生でもキャッシングは可能になっているんです。

 

学生がお金を借りるならば一番に考えられるのは奨学金の利用でしょう。現在は貸与型の奨学金を利用している学生の方は非常に多くなっています。ですが、奨学金だけでは足りない生活資金を捻出したい時には、学生のお金の借り方としてこのようなことが考えられるでしょう。

  • 学生ローンを利用する
  • 一般的な消費者金融を利用する
  • 銀行のローンを利用する
  • 大学生協のローンでお金を借りる
  • クレジットカードのキャッシング枠を利用する

ただし、お金の悩みは親に相談することが大事と言えます。学生の内から借金をするのは決しておすすめはできません。それでも学生という立場であっても人によりさまざまな事情があることでしょう。毎月親から仕送りをしてもらっている場合には、これ以上親には負担を掛けられないと考える方も多いと思います。

 

また親元から通学している場合であっても、高い学費を負担してもらっていることから同様の理由で親にお金を借りれないこともあるでしょう。また、お金の使い過ぎで親から意見される恐れもありますよね。そんな時には、親に秘密にしてお金を借りようと考えることでしょう。

 

それでは親に心配をかけず、またお金の使い過ぎに対して意見されずに親バレを回避しながらお金を借りるならばどんな場所でお金を借りたら良いのでしょうか。以下で解説していきます。

 

学生のお金の借り方のおすすめは学生ローン

親バレを回避しながらお金を借りるならば、おすすめは学生ローンとなります。学生ローンは最も学生の事情に精通しているため、親バレが心配な場合にも充分な配慮をしてくれる業者と言えるからです。また学生ローンは通常、在籍確認を実施していないためアルバイト先への電話連絡もありません。

 

だからと言って実際にアルバイトをしていないのに働いていると嘘をつくのはやめた方がいいです。申し込み後にかかる業者からの電話のやりとりの際に嘘がバレる可能性もあるからです。また勤続年数についても後でつじつまが合わないなどの心配もあることから、正直に伝えるべきです。

 

学生ローンはどんなお金の借り方が可能?

学生におすすめとなる学生ローンではどんなお金の借り方が可能かと言えば、実際には使い道が自由となっていることから、どんなことでも利用可能と言えます。ただし、審査の際に借り入れの目的について聞かれますし、その答え次第では審査に落ちることもあるため、注意が必要です。

 

学生ローンの理想的な使い道としてはこのようなことが挙げられます。

  • 卒業旅行の費用
  • 学費
  • サークルの費用
  • 短期留学の資金
  • 就職活動のための資金

もちろん、学生ローンはコンパや合コン、友人との日帰り旅行などの遊びの費用にも利用可能なので、パチンコや競馬、株の投資資金などのギャンブル性の高い使途でない限りは正直に利用目的を話した方がよいでしょう。

 

学生ローンと教育ローンでお金の借り方の違いとは?

学生のお金の借り方として奨学金や学生ローンの利用が挙げられますが、いずれも学費の捻出を主な使途としているローンとなります。学費を準備するためのローンには、その他にも国や銀行などで利用できる「教育ローン」という融資もありますよね。

 

言葉の響きから、学生ローンと教育ローンとは同じような内容であるかのように感じるかも知れません。ですが、両者には決定的な違いがあるのです。

  • 学生ローン:学生本人が借り入れの申し込みをする
  • 教育ローン:基本的には学生の親が申し込みをする

このようにローンの申し込みをする人が学生本人であるか、もしくは学生の親であるかという点で大きな違いと言えます。

 

学生ローンは学生本人の申し込みが必要

学生ローン業者とは一種の消費者金融であり、学生向けの融資をメインとしています。申し込みができるのは学生本人であり、親や身内の人が代わりに申し込むことはできません。

 

借り入れの申し込みをする場合、一部で未成年の利用に限り親の承諾が必要となっている業者もありますが、基本的には20歳以上の学生が利用の対象となっているんです。そのため、学生であっても親に内緒でお金を借りれるというメリットがありますが、その代わりに返済も本人の責任において行う義務を負うことになります。

 

返済の長期滞納があれば学生であっても、信用情報にキズが付くことでブラックリストに載ることも十分に有り得ますので、自分の返済能力の範囲内でお金を借りる必要があるのです。

 

学生ローンの利用は年収の3分の1まで

学生ローンでお金を借りるならば、最大で年収の3分の1までとなります。総量規制という法律が2010年6月に完全施行されてからは、消費者金融でもある学生ローン業者からの借り入れ金額にも規制がかかるようになりました。

 

返済能力の範囲内でお金を借りることはもちろんですが、借り過ぎを防ぐため法律によっても借り入れの金額に制限が加えられているのです。
例えば毎月5万円アルバイトで稼いでいる学生さんならば年間の収入は60万円となり、その3分の1にあたる20万円が借入れの上限となります。

 

教育ローンの申し込みは基本的に学生の親となる

教育ローンは国や銀行などで申込できる融資商品です。国の教育ローンでは学生本人の申し込みが可能な場合もありますが、基本的には学生の親が融資を受けることになっています。そのため、教育ローンの利用には親の信用情報が重要となり、安定した収入があることも審査に通りやすい条件の1つとなるのです。

 

また教育ローンは学生ローンよりも低金利でお金が借りれるというメリットもあり、学生が学費の捻出のために学生ローンを利用するならば、親に頼んで教育ローンを組んでもらう方がおすすめとなります。