友人を頼る時のお金の借り方

毎日の生活の中で、冠婚葬祭や急病・怪我など予想外の出費も時にはあることでしょう。その際に自己資金では必要なお金が工面できない場合、何処かでお金を借りるしかないということもあると思います。

 

お金を借りる場所の選択肢の中には、「友人」が含まれる場合もあるでしょう。銀行や消費者金融などの金融機関ではなく、身近な存在の友人であれば無利息で借金できることも多いですし、手っ取り早いと考える場合もあるでしょう。

 

友人を頼る時のお金の借り方については、どうしても貸して欲しいという気持ちを抑えながら相手の事情や都合を考慮することがポイントとなるのです。

  • 友人もお金が足りなくて困っている
  • 親しい間柄であってもお金の貸し借りはしない主義
  • 大金を貸すほどの経済的余裕はない

あなたの友人もこのような事情や都合を抱えていた場合には、借金の申し込みを控えるか借りる金額を少なくする必要があります。お金を借りられる相手として友人しか思い当たらない場合には、相手との関係にキズをつけないお金の借り方が必要になるでしょう。

 

友人も金欠である時のお金の借り方

どうしてもお金を借りたい友人もまた金欠で困っている時には、やはり借金の申し込みを控える必要があるでしょう。「お金があれば貸してあげたいけれど、自分も金欠で困っている」と言われることが予測できるからです。

 

正に「無い袖は振れない」ということですよね。それでも無理にお金を借りようとすれば「反対にお金を貸して」と言われることもありますし、友情にヒビが入ってしまう可能性もあるでしょう。

 

友人への借金の申し込みに対して、真相はどうであれ「自分もお金が足りなくて困っている」という答えが返ってきた場合には、それ以上のお願いは控えて別の方法でのお金の借り方を考えるべきです。

 

友人もお金がなかった場合、金融機関から借りるのもおすすめ!

友人から自分もお金がないと借金の申し出を断られた場合には、金融機関にキャッシングの申し込みをするのもお金の借り方の1つであり、おすすめと言えるでしょう。

 

例えば大手の消費者金融ならば20歳以上69歳以下であり、安定した収入があればキャッシング可能ですし、例えばアイフルであれば、お急ぎ審査で即日融資に対応してくれています。アイフル「ご融資をお急ぎの方」

 

お金を貸すことを生業としている業者ならば気兼ねなく借金を申し込むこともできますので、友人との関係が悪化することを心配するよりも、キャッシング会社方が安心であり、手っ取り早いと言えるでしょう。

 

親しい間柄であってもお金の貸し借りはしない主義

親しい間柄の人からお金を貸して欲しいと頼まれた場合、二つ返事でお金を貸す人がいれば、反対に「いくら親しくてもお金の貸し借りはしないと決めている」と借金の申し出を断る人もいます。人の考え方はそれぞれ違いますし、特にお金のことになると顕著に出るものかも知れません。

 

友達への融資はしないと決めている友人からお金を借りるにはどうしたら良いのでしょうか。期待はできませんが、ダメ元で次のようなことを試してみると良いかも知れません。どうしても友人からお金を借りたいのであれば、試してみる価値はあるかも知れません。ただし、無理強いは友情に傷をつける結果にもなりますので、注意が必要ですよ。

  • どうしてお金が必要なのかを具体的に説明する
  • 借用書を作成して返済期日を明らかにする

 

どうしてお金が必要なのかを具体的に説明する

お金を借りたい理由が、旅行費用が足りない、パチンコや競馬などのギャンブルに使いたいなどである場合、聞く耳を持ってくれないことは明白でしょう。

 

堅実に生活しているにも関わらず、子供の教育費や医療費などで急な出費がありお金が不足しているということならば、一時的な生活資金の不足であるということを分かってもらえるかも知れません。次の給料日には返済してもらえるという信頼も得ることができるでしょう。

 

お金を借りたい理由をなるべく具体的に説明することで、いくら親しくてもお金は貸さないと言っている友人の心も動かせる可能性が出てくるかも知れません。

 

借用書を作成して返済期日を明らかにする

親しい人にもお金を貸したくないと考えている人は、そのことによってお互いの関係が悪化することを恐れているのかも知れませんね。それならば、友人としてではなく借主と貸主という関係として借金のお願いをするという方法もあるでしょう。

 

借用書を作成して返済期日を明らかにすることで、友人としてではなく債務者としての責任が生まれることになります。とは言え、返済期日に遅れたことが理由で信用情報にキズがつくことはありませんが、一人の人間の信頼を失い人間関係にはキズがつきます。

 

そのため、借用書を作成することであなたがそのような覚悟を持ち、そのようなことが起きないようにする積りがあることを理解してもらえるかも知れません。

 

また現実問題として、もし返済ができない事態になったとしても、借用書があれば裁判にかけた時にそれが有力な証拠となるため、その点でも貸し手側の安心を得る材料となるでしょう。(参考:くるマネー「【友人や家族間の借金】行政書士伝授の借用書の作り方(テンプレート付き)」

 

大金を貸すほどの経済的余裕はない

お金を借りたい友人が大金を貸すほどの経済的余裕がない場合、もちろん相手の経済力の範囲を超えるようなお金の借り方はおすすめできません。無理に多くのお金を借りようとすれば相手の生活が困難となることとなり、友情にもヒビが入る可能性もあるでしょう。

 

このような時には少額のみを友人から借り、残りの金額は他の場所から工面する必要があります。必要となる金額が比較的高額ならば、やはり銀行カードローンや消費者金融のカードローンキャッシングの利用がおすすめとなるでしょう。

 

消費者金融での高額なキャッシングには注意が必要

消費者金融である程度まとまった金額を借りる場合には注意が必要となります。貸金業法の中には「総量規制」という法律があり、貸金業者から個人がキャッシングを利用する場合にはその借入総額が年収の3分の1以下でなければならないとされているからです。(参考:カードローン即日マガジン「総量規制を知っておく!」

 

後50万円足りないという時には150万円以上の年収を得ている必要があります。別の言い方をすると、例えば年収が150万円の人が貸金業者から既に30万円の借り入れをしている場合には、あと20万円しかお金を借りることができないんです。

 

一方、銀行カードローンを利用する場合には総量規制は対象外となりますので、年収による借り入れの金額の上限はないことになります。ただし、審査ではそれぞれの裁量によって利用限度額が決定されますので、年収の金額が全く関係ないということにはなりません。

 

金融機関からのキャッシングでは、返済可能な金額を借りることが肝心となります。

お金借りるなら・・・
おすすめPR

 

「お金を借りたいけど、どこにしよう・・・」と悩んでいる方へ。



銀行や信金よりも「有利」な条件のある借入先をご存知ですか?

全国どこからでも24時間申し込みができるサービスがプロミスというサービスで、実は銀行よりも速い時間で融資を受けられるケースも多いのです。

プロミスは、借り入れ可能か、簡単3秒診断(無記名でOK)というのがとても便利で人気があります。(プロミスは1万円からお借り入れが可能です)

借りれるという診断が出てから正式に申し込めばいいので一度試してみてはいかがでしょうか?

◎→プロミスの詳細


プロミスのおすすめポイント
全国どこからでも申し込み可能
24時間申込可能
最短1時間融資
来店・保証人・担保→不要
借入のことをバレないように配慮
・・・大手ですから安心感と信頼感は抜群です
トップへ戻る