親に頼る時のお金の借り方

どうしてもお金が足りない時にあなたが最も頼れる場所はどこでしょうか?その答えとして多くの方が挙げるのは「親」かも知れませんね。お金の借り方にはいくつもの方法がありますが、比較的申し込みがしやすいのは、やはり親であると言えるでしょう。

 

人によっては親にだけは頼りたくない、他の場所で借金した方が良いと考える場合もあるようです。誰もが親からの借金が簡単なものと思っている訳ではないということになりますよね。
(関連記事:簡単に借りれる方法

 

今回はお金の借り方を「親からの借金」とする場合について解説していくことにします。

 

お金の借り方の順位、親は何番目?

お金の借り方として選択する場合の順位は人によって違うことでしょう。ある人はこのような順位で借入先を選択するかも知れません。

  • 1位:親・兄弟姉妹
  • 2位:友人
  • 3位:彼氏彼女
  • 4位:会社・バイト先からの前借り
  • 5位:金融機関

困った時に真っ先に頼るべきは親となるのですが、親などの身内からお金を借りることができなかった場合にはこのような順番で借金の申し込みをしていくことになるのではないでしょうか。そして、なるべく金融機関から借金をしたくないという場合にもこのような順番で借り入れを申し込むことでしょう。

 

他の方の場合ではこのような優先順位となるかも知れませんね。

  • 1位:金融機関
  • 2位:友人
  • 3位:彼氏彼女
  • 4位:会社・バイト先からの前借り
  • 5位:親・兄弟姉妹

お金の借り方として親など身内からの借金を最終手段と考える方の場合となりますが、特に今すぐお金を借りたい時には、金融機関からお金を借りる方が早い場合も多いですし、希望の金額を借りれる可能性も高いです。

 

あまりにも高額を希望した場合は、もちろんその限りではありません。特に消費者金融からお金を借りる場合には、年収の3分の1までしかキャッシングできない「総量規制」という法律がありますので、借り入れの金額には注意が必要となります。(参考:ベリーベスト法律事務所がお届けする「使える!役立つ!」法律情報サイト「総量規制とは?総量規制対象外の借入方法とは?総量規制の8つの知識」

 

金融機関から借りたお金では不足する場合、もしくはキャッシング審査に落ちる結果となった場合には、金融機関以外の場所でのお金の借り方を考えることもあるでしょう。

 

親からお金を借りる時に注意することは?

お金の工面に困りどこかの場所で借金をすることにした場合に、最終的にお金の借り方を「親からの借金」と決めるタイミングは、人により違うことでしょう。ですが、結局は親から借金をすることにした場合には注意するべきことがあるのです。

  • 親の経済力を考えてお金を借りること
  • 大きな金額を借りる場合には借用書を作成すること
  • 約束の返済期日までに返済をすること

親だから口約束だけで良いだろうと簡単に考えていると後で思わぬ損をすることもあります。また親の方にも生活があるということを理解しておく必要もあるのです。

 

親の経済力を考慮してお金を借りる

お金の借り方を親に頼ることとした場合、親ならばいくらでも貸してくれるだろうと自分の都合の良いように考えるのはおすすめできません。例えば住宅の購入資金を捻出したいのであれば、できるだけ住宅ローンなどでその費用を賄う必要がありますし、子供の教育資金であっても銀行や国の教育ローンの利用がおすすめとなるんです。

 

それでも足りない場合に不足している分だけを親から借りるというお金の借り方がベストと言えるでしょう。親にも自分達の生活があるため、親の経済力を考慮したお金の借り方が必要です。

 

大きな金額を借りる時には借用書の作成が必要

親にお金を借りる場合には金融機関からキャッシングする場合とは違い、契約書の取交しをすることは稀かも知れません。銀行や消費者金融での使い道が自由となっている個人向けのローンでは、担保なし・保証人不要でお金が借りれるサービスとなっていますが、契約書の作成は必須となっています。(参考:日本実業出版社「金銭トラブルを防ぐ「借用証(借用書)」「念書」の書き方」

 

同じように担保も保証人も不要となるケースが多いと思われる親からの借金の場合には、口約束となる場合が多いでしょう。ですが、年間110万円を超える親からの借り入れで借用書の作成をしていないと、「贈与」と見なされる場合があるのです。

 

借用書を作成する場合には、利息についても記載する必要があります。親から無利息でお金を借りる場合には、その分が贈与とみなされることもあるからです。(参考:アセットキャンパス「親から借金した際に贈与と疑われないための7つの対策」

 

約束の返済期日まで返済する

親からお金を借りる場合には、親も決して余裕があるワケでなく子供のために無理をして貸してくれている場合もあるため、約束の返済期日までに必ず返済することが大切です。もちろん、お金を借りる時には給料日の翌日に返すなど、親に返済期日を伝えておく必要があります。

 

返済期日を明確にすることにより、親も安心してお金を貸してくれるようになるでしょう。ただし、約束の期日までに貸したお金を返さないと親の方でも生活費が足りなくなってしまう場合がありますし、再度お金を借りたいと思った時に貸してくれない可能性もあるでしょう。親子間のお金の貸し借りであっても約束を守ることが大事となるのです。

 

お金借りるなら・・・
おすすめPR

 

「お金を借りたいけど、どこにしよう・・・」と悩んでいる方へ。



銀行や信金よりも「有利」な条件のある借入先をご存知ですか?

全国どこからでも24時間申し込みができるサービスがプロミスというサービスで、実は銀行よりも速い時間で融資を受けられるケースも多いのです。

プロミスは、借り入れ可能か、簡単3秒診断(無記名でOK)というのがとても便利で人気があります。(プロミスは1万円からお借り入れが可能です)

借りれるという診断が出てから正式に申し込めばいいので一度試してみてはいかがでしょうか?

◎→プロミスの詳細


プロミスのおすすめポイント
全国どこからでも申し込み可能
24時間申込可能
最短1時間融資
来店・保証人・担保→不要
借入のことをバレないように配慮
・・・大手ですから安心感と信頼感は抜群です
トップへ戻る