郵便局 借り方

郵便局を利用するお金の借り方

金融機関を利用するお金の借り方と言えば、銀行や消費者金融、クレジットカードのキャッシング枠からのキャッシングなどが一般的となっていますが、郵便局からお金を借りることも可能になっているんです。

 

現在、郵便局では主に3つの融資商品が用意されていますが、いずれも郵便局で取り扱いをしているゆうちょ銀行のサービスとなっています。

  • 貯金担保貸付
  • 国債等担保自動貸付け
  • JP BANK カード
  • スルガ銀行の個人ローン

これらは全く違った性格を持つ融資であるため、それぞれについて解説していきます。

 

貯金担保貸付

郵便貯金の定期貯金を担保にしてお金を借りられるサービスとなっているのが、貯金担保貸付けです。いずれも担保となる貯金に対して一定の割合を限度として借りることができる融資となっています。

 

いずれも低金利でお金を借りられるというメリットがあり、貯金を解約することなく必要なお金を工面できる便利な融資商品と言えるのです。

  • 担保定額貯金
  • 担保定期貯金
  • 財産形成定額貯金・財産形成年金定額貯金・財産形成住宅定額貯金

このような貯金を担保とした貸付けが以下のような融資商品となっています。

  1. 貯金担保自動貸付け
  2. 財産形成貯金担保貸付け

 

貯金担保自動貸付け

貯金担保自動貸付けは、総合口座で管理している担保定額貯金や担保定期貯金を担保として、普通預金残高が不足する場合に、その預入金額の90%を限度として自動的に貸付けを受けられる融資商品です。(1冊の総合口座通帳につき300万円まで)

 

貸付期間は2年となっていますが、担保とする貯金の預入期間を継続する場合には貸付けの期間も継続されます。金利は担保定額貯金を担保とする場合、返済時の約定金利プラス0.25%、担保定期貯金を担保とする場合には約定金利に0.5%をプラスする金利となっているんです。

 

財産形成貯金担保貸付け

各種の財産形成貯金を担保として、預入金額に利子を加えた金額の90%に相当する金額を上限としてお金を借りられるのが、財産形成貯金担保貸付けとなります。(1つの契約につき300万円まで)

 

貸付期間は2年となっていますが、1回に限り貸付けの更新ができるようになっているんです。金利は返済時の約定利率に0.25%をプラスした数値となります。

 

国債等担保自動貸付け

ゆうちょ銀行では総合口座で管理する国債、郵便局の窓口で購入した国債担保として額面金額の80%に相当する金額を上限として融資を受けられる商品が、国債等担保自動貸付けです。

 

貸付期間は貸付けから1年以内となりますが、この間に担保となっている国債が償還を迎える場合には、その日から7営業日前までの期間となります。金利については1年ものの定期貯金の約定利率に1.7%をプラスした数値となります。

 

JP BANK カード

ゆうちょ銀行にはクレジットカードもあり、キャッシング枠が設定されればお金を借りることもできます。

  • JP BANK VISAカード
  • JP マスターカード
  • JP BANK JCBカード

若者向けのカードもあり、18歳や19歳の未成年の学生でも利用できるカードもあります。ただしその場合には高校生の利用は不可となっているんです。ただし、一部では学生のキャッシングが不可となっているカードもあるので、申し込みの際には内容の確認が必要です。

 

また、その他にも一般カードやゴールドカードもありますので、それぞれの人の年収や返済能力などに合わせてカードを選択できます。ただし、年会費が必要となるカードもあるので要注意となります。

 

返済方法はキャッシングリボ払い・キャッシング一括払いの内から選択可能です。

 

スルガ銀行の個人ローン

郵便局でのお金の借り方としては、貯金や国債を担保としたローン、またJP BANKカードでのキャッシングの利用がそれに該当するのですが、郵便局で申し込みができるのは実はそれだけではないんです。

 

ゆうちょ銀行では、スルガ銀行のさまざまなローンの受付けもしています。

  • 住宅ローン
  • カードローン
  • フリーローン(目的別ローン)

郵便局が直接取扱いをしているローンではありませんが、ゆうちょ銀行がスルガ銀行のローンの代理業者となっていることから、一部のスルガ銀行のローンの申し込みをすることができるようになっているのです。

 

スルガ銀行の住宅ローンには4つのタイプがある

スルガ銀行ゆうちょ専用支店で申し込みできる住宅ローンには4つのタイプがあります。

  • 個人事業主応援型
  • 働く女性応援型T・U
  • アクティブシニア応援型
  • 親孝行応援型

スルガ銀行には、個人事業主・働く女性・50歳以上の人向けの住宅ローン、親の住む家の立替えやリフォーム費用など、それぞれのニーズに合わせた住宅ローンが用意されているんです。

 

スルガ銀行のカードローン

スルガ銀行には「したく」というカードローンがあります。使い道が自由であり、担保なし・保証人不要で利用できるローンであり、最高300万円まで利用可能となっているんです。金利は7.0%〜14.9%となっているので、低金利で利用できる銀行カードローンと言えます。

 

利用の対象となっているのは20歳以上70歳以下で安定した収入がある方であるため、主婦やパート・年金受給者の方であっても申し込み可能です。

 

申し込みはゆうちょ銀行の窓口の他にもインターネット・電話でも可能なので便利ですが、カードが到着してからの利用となるため、即日融資を希望する場合にはおすすめできないサービスと言えるでしょう。

 

スルガ銀行のフリーローン

ゆうちょが取り扱いをしているスルガ銀行のフリーローンの種類は多種多様となっています。

  • フリーローン(親孝行型)
  • 自己投資プラン
  • 教育プラン
  • オートプラン
  • ハッピープラン
  • エコプラン
  • リフォームプラン
  • 不動産プラン
  • フリープラン

これらのフリーローンは、住宅ローンやカードローンと同じようにゆうちょ銀行ではなくスルガ銀行との契約となるのですが、申込方法についても同じようにゆうちょ銀行やスルガ銀行の窓口だけでなく、インターネットや電話からでも可能になっています。

関連ページ

お金の借り方〜銀行編〜
銀行を利用するお金の借り方について解説。個人向けの銀行のローンには主に目的ローンとフリーローンがあります。それぞれの内容には大きく異なっている部分があり、利用したい金額や緊急性によってローン商品を選択できるようになっています。
お金の借り方〜信用金庫編〜
信用金庫とは地域の経済の活性化に努めることを目的として設立された非営利法人です。法人や自営業者向けの融資では地元の発展に貢献していますし、個人向けでは住宅ローンなどの目的ローンの他、カードローンもあり、しんきんカードローンやきゃっするなどを提供している信用金庫も多いです。
お金の借り方〜国編〜
国からのお金の借り方には大きく分けると2種類あります。国の教育ローンと生活福祉資金貸付制度となりますが、それぞれには利用条件も異なりますし、金利や保証人の有無なども違っています。ですが、どちらも低金利で借りれるお金の借り方であり、国のローンという安心感もあることでしょう。
お金の借り方〜会社編〜
会社に頼るお金の借り方には主に2つの方法があります。会社からの前借り、そして従業員貸付金制度の利用となりますが、利用には一定の条件がありますので、事前に確認をしてから申し込みをする必要があるでしょう。
お金の借り方〜友人編〜
友人からのお金の借り方には、相手の事情や都合を考慮した方法がポイントとなります。無理な借金の申し込みは友情にキズをつける結果となる場合もあり、相手も金欠の状況にしてしまう可能性もあるからです。
お金の借り方〜親編〜
親からお金を借りることにした場合、注意したい点がいくつかあります。特に高額の借り入れを親からする場合には、金額によっては借用書の作成が必要になる場合もあり、利息の支払いが必要となることもあるのです。
お金の借り方〜学生が借りる方法編〜
学生のお金の借り方にはいくつか方法がありますが、その中でも親と消費者金融は最も身近なお金を借りれる場所と言えるでしょう。それぞれの利用にはメリットがあればデメリットもあるのですが、利用の便利さから言うならば消費者金融の方がおすすめとなるでしょう。
お金の借り方〜簡単に借りれる編〜
簡単なお金の借り方とは審査が甘い・緩いということではなく、申し込みや借り入れの方法が便利であるということなのです。銀行や大手の消費者金融のサービスならばこのような利用が可能になっています。
お金の借り方〜すぐ借りれる編〜
今すぐお金を借りたいという時には、すぐ借りれる可能性の高い金融機関の利用がおすすめとなります。即日融資を受けるには、審査が迅速であることが必須条件となりますが、申し込みの時間にも注意が必要となるのです。
お金の借り方〜スマホ・携帯編〜
スマホや携帯を利用するお金の借り方について解説。パソコンからのキャッシング申し込みは最も早く便利な方法と言えますが、スマホや携帯電話でも便利に申し込み手続きができるのです。またスマホならば専用アプリが用意されているため、パソコンよりも便利に申し込みができるでしょう。
お金の借り方〜闇金編〜
闇金でのお金の借り方は怖い・危険なことしかないと言えます。法外な金利を取ったり、身の危険を感じるような取り立てに遭うこともあるのです。闇金は様々な方法で利用者を集めようとしてきますし、詐欺と同じような行為をはたらくことも多いため、闇金でお金を借りるのはNGと言えます。
お金の借り方〜ネット掲示板編〜
ネット掲示板では「お金貸します」などの言葉で個人間融資の勧誘が行われています。ですが、そこには危険が多く、闇金が隠れている場合や詐欺の被害者となる人を待ち受けていることも多いのです。