マンモスローン 借り方

マンモスローンを利用するお金の借り方

貸金業者のマンモスローンは、東京都台東区に本社を置く「貸金業法に基づく借換ローン」の取扱い金融業者です。借り換えローンとは、いわゆる「おまとめローン」というサービスであり、複数の借金の支払いを一本化することを目的としているのです。

 

通常、貸金業者から年収の3分の1までお金を借りてしまうと、それ以降はどんな消費者金融からもお金を借りることはできなくなります。(総量規制という法律のため)

 

ですが、貸金業法には借金の一本化を目的とするならば、年収の3分の1を超えてしまっても貸金業者から新たな借金が可能になるという「総量規制の例外」も存在しているんです。

 

これこそが「貸金業法に基づく借換ローン」であり、以下のようなメリットがある場合に利用可能となります。

  • 毎月の返済の負担が軽減できること
  • 毎月の返済回数を減らせること(毎月1回となる)
  • 借金の残高を減らすことが可能なこと

このように、借り換えローンを利用する前よりも圧倒的に有利な状況となれることが利用の条件となり、どんな時でもおまとめローンの利用が可能ということにはならないのです。

 

マンモスローンの利用方法

マンモスローンを利用する方法やお金の借り方を説明する前に、商品内容を説明します。

  • 融資金額:100万円〜2,000万円
  • 金利:7.3%〜15.0%
  • 返済期間:10年以内(最大120回)
  • 利用可能な方:満20歳〜70歳まで
  • 必要書類:運転免許証・健康保険証・所得証明書

最大で2,000万円という高額融資も可能になっていて、借金の一本化を目的とする場合には借り入れ金額の3倍の年収を求められることもないことから、審査に通ることができれば複数の借金を完全にまとめることも可能になるでしょう。

 

申し込みは3つの方法から選択可能

マンモスローンで借り換えローンの申し込みをする場合には、次の3通りの方法から選択できます。

  • パソコン・スマートフォン
  • 携帯
  • 電話

パソコンやスマートフォンで申し込みをする場合には、ホームページ内の専用フォームから簡単に手続きを完了することが可能です。申し込み後は確認の連絡がメールで届き、審査に通過すれば口座への振り込みという流れになるため、この場合だとWEB完結でお金を借りれることになるのです。

 

また、携帯や電話からの申し込みにも対応していますので、都合の良い方法での申し込みが選択できるようになっています。

 

マンモスローンの申し込みする前のおすすめ3つ

マンモスローンに借り換えの申し込みをする前におすすめしたいことが3つあります。いきなり申し込みをするのではなく、借金を一本化することは可能なのか、返済はどうしたら良いのかなどを事前に確認しておくことは、安心・安全なお金の借り方を考える上で重要となるからです。また、現在の借り入れの金利について確認することもおすすめとなります。

  1. 「無記名お試し診断」で融資の可能性を試す
  2. 「返済シミュレーション」で返済計画を立てる
  3. 現在の借り入れの金利を確認する

 

無記名お試し診断

マンモスローンの公式サイトに、は自分の氏名やその他の情報を入力することなく、融資を受けることができるのかを簡易に診断してくれるツールが用意されています。入力する項目は次の9項目となるのですが、それぞれが選択式となっているため入力の手間もありません。

  • 住まい(持ち家・賃)
  • 性別(男性・女性)
  • 年齢(20歳未満・20歳〜29歳など)
  • 職種(公務員・会社員など)
  • 保険証(社会保険・国民健康保険など)
  • 他社借入件数(なし・1件・7件以上など)
  • 他社借入金額(50万円未満・50万円〜99万円・500万円以上など)
  • 借入希望金額(1万円〜99万円・500万円以上など)

これらの項目の全てを選択した後に診断開始ボタンを押すだけで借り入れの可能性を試すことができます。ただし、ここでの診断結果は審査の結果と必ずしも一致するものではないため、参考程度に留めておいた方が良いでしょう。ある程度の目安として役に立ててみてください。

 

返済シミュレーション

マンモスローンからの理想的なお金の借り方を考えるためにも返済シミュレーションの利用は必須と言えるでしょう。借入希望金額を入力し、支払い回数を選択すると毎月の返済金額が自動的に算出されるようになっているので、現在の返済額との比較もできます。

 

毎月の返済をどのくらい楽にできるかということは借り換えローンのそもそもの目的の1つでもあるため、しっかりと試しておく必要があるでしょう。ただし、金利の設定が15.0%と固定になっているのですが、高額の利用にはそれよりも低い金利が適用される場合もありますので、その場合には目安として利用してみてください。

 

現在の借り入れの金利を確認する

他社の借金をマンモスローンで借り換えすることにより、現在の金利よりも低金利のローンで返済していくことが可能になりますが、現在の借り入れの金利が法律に則しているのかを確認してみることも大事です。

 

2010年に貸金業法が改正され利息制限法の上限金利も引下げられているため、それ以前からの借金の返済を現在も続けている場合には、「過払い金」が発生している可能性もあります。

  • 借入元金が10万円未満:上限金利は20.0%
  • 借入元金が10万円以上100万円未満:上限金利は18.0%
  • 借入元金が100万円以上:上限金利は15.0%

上記の金利よりも高い金利が現在の借入金利となっている場合には、本来支払う必要のない利息ということになるため、過払い金返還請求により払い過ぎた利息を取り戻せる、あるいは元金に充当することが可能になっているのです。ただし、過払い金返還請求を行う場合にには弁護士への相談が必要と言えるでしょう。

関連ページ

お金の借り方〜アコム編〜
アコムを利用するお金の借り方について解説しています。大手の消費者金融の1つであり、むじんくんでも有名なキャッシングサービスであるアコムからお金を借りる方法は主に4つあるので、参考にしてみてください。
お金の借り方〜プロミス編〜
プロミスからのお金の借り方について解説。Web完結も可能であり、その場合にはカード発行なしも選択できるプロミスですが、申し込みの方法により契約や借り入れの方法が違ってきます。またプロミスにはフリーキャッシングの他にも便利なローンがいくつか用意されています。
お金の借り方〜モビット編〜
モビットでは、カード申込とWEB完結申込とで2つのお金の借り方が用意されています。両者はカード発行の有無や審査の際の電話での在籍確認の有無に関係しているのですが、WEB完結を選択するならば一定の条件を満たす必要があります。
お金の借り方〜アイフル編〜
大手消費者金融の1つ、アイフルは初めての利用であり無担保キャッシングローンを利用する場合には、30日間利息0円キャンペーンの利用が可能です。アイフルには通常のカードローンの他にもおまとめローンや女性専用ローンなど多くの商品が用意されていますが、今回はキャッシングローンからのお金の借り方について解説しています。
お金の借り方〜レイク編〜
レイクを利用するお金の借り方を紹介。レイクには2つの無利息サービスがあります。ただし、金利は銀行にしては高めとなりますので、無利息期間終了後の返済には注意が必要です。またレイクには自動契約機の利用が可能というメリットもあります。
お金の借り方〜東京スター銀行編〜
東京スター銀行のおまとめローンは複数の借金を一本化できる便利な商品です。利用には一定の条件がありますが、借金を1つにまとめるメリットが多いため、条件を満たすことができる方にはおすすめとなります。
お金の借り方〜ビアイジ編〜
中堅消費者金融のビアイジでは即日融資が可能になっている他、個人事業者貸付けや医療費貸付、専業主婦向け貸付けなど、他の街金にはないような商品の提供もしています。特に大手では取扱いのない専業主婦の利用が可能になっていることは、大きなメリットと言えるでしょう。
お金の借り方〜プランネル編〜
消費者金融のプランネルは、テレビショッピング会社の「日本文化センター」のグループ企業です。そのため、安心してキャッシングできる会社と言えるのですが、お金の借り方としてはフリーローンのみとなっているため、カードローンのような手軽さを実感することは難しいかも知れません。
お金の借り方〜ダイレクトワン編〜
スルガ銀行グループのダイレクトワン株式会社からのお金の借り方には4つの種類があります。通常のカードローンの他に、ペットオーナーや女性専用のカードローンもあり、複数の借金を一本化できるお借換えローンも用意されているんです。
お金の借り方〜スカイオフィス編〜
中堅消費者金融のスカイオフィスからのお金の借り方は決して便利とは言えないでしょう。申し込み方法はインターネットのみであり、借り入れ方法は振り込みのみとなっているため、不便に感じることも多いと思います。便利さを求めるならば、誰もが知っているサービスの利用がおすすめとなるんです。
お金の借り方〜キャネット編〜
サラ金業者のキャネットは、通常のローンとマイカーローンが利用できる消費者金融です。札幌に本社を置いていることから、道内に住んでいる方を優遇した融資を行っています。特にマイカーローンでは地域限定のローンサービスとなっているんです。
お金の借り方〜ライフティ編〜
ライフティは貸金事業とクレジット事業の2つを軸として営業を行っているのですが、前者ではカードローンとおまとめローンが利用可能となっています。ただし両者の利用条件については異なっている部分が多いのでそれぞれ確認してみてください。