スカイオフィス 借り方

スカイオフィスを利用するお金の借り方

消費者金融のスカイオフィスは、福岡市博多区に本社のある貸金業者です。大手の消費者金融のように最大500万円まで利用可能というような規模の大きさはなく、1万円〜50万円が利用可能となっている中堅消費者金融となります。

 

また、以下のようなことも大手との相違点となるのです。

  • 金利は15.0%〜20.0%であり貸金業者の中でも高金利
  • 申し込み方法はインターネットのみ
  • カードローンのような利用は不可
  • 借入れ方法は振込みのみ

 

スカイオフィスの金利は高め、お得なお金の借り方なら大手が優位

スカイオフィスの金利は最高で20.0%であり、新規契約の場合にはこの金利が適用される可能性が高いようです。有名な大手キャッシングサービスならば18.0%前後でキャッシング可能になっているため、やはり利息を節約するならば、おすすめはできない会社と言えるでしょう。

 

ただし、中小の消費者金融は大手よりも審査の基準が緩い傾向にあるため、金利よりも審査が通りやすい所でお金を借りることが希望ならば、このようなお金の借り方もおすすめとなるかも知れません。

 

少額の借入れならば金利の差は気にしなくても大丈夫

金利差が気になる場合であっても、例えば10万円の少額借入れならば金利の差はこのようになります。

  • 大手で借りる場合:1,479円(30日間の利息)
  • スカイオフィスで借りる場合:1,643円(30日間の利息)

このことから、大手とスカイオフィスで10万円を30日間借りた場合の利息の差は、1,643円-1,479円=164円となり、それ程気になる金額ではないかも知れません。

 

また、20万円を借りる場合ではこうなります。

  • 大手借りる場合:2,958円
  • スカイオフィスで借りる場合:3,287円

この場合の利息の差は329円ということになり、この場合でもそれ程大きな違いにはならないことになるのです。つまり、金利の違いも少額の借入れならば気にしなくても大丈夫ということが言えるでしょう。

 

スカイオフィスの申し込み方法はインターネットのみ

スカイオフィスのお金の借り方の内、申し込み方法についてはインターネットからの手続きのみとなっています。他の街金業者であっても電話での申し込みなども可能になっている場合も多く、インターネットの利用が苦手という方には敷居の高い金融業者と言えますし、その場合にはこの業者以外の利用がおすすめとなります。

 

もっとも、普段から普通にインターネットを利用しているという方にとっては、申込方法にインターネット以外の選択肢がないとしても特に何の影響もないでしょうね。そればかりか、スカイオフィスは最短30分のスピードキャッシングも可能とホームページでも謳っているため、やはりインターネット利用は最も便利なお金の借り方となるのです。

 

カードローンのような利用は不可

スカイオフィスはカードローンのような「借入極度額」での契約は行っていません。そのため、限度額の範囲内で何度でも借り入れをすることはできないため、一度の契約でお金を借りたらその後は返済をしていくのみとなるのです。もちろん、利用限度額とされている金額を誰もが借りれる訳でなく、その人がいくらまで借りれるかは審査の結果次第となるのです。

 

借入可能額を決める基準には、このようなことがあります。

  • 年収の金額
  • 勤務先や勤続年数
  • 他社からの借入状況
  • 現在の居住状況(賃貸あるいは持家)
  • 保険の種類

年収の金額は、やはり少ないよりも多い方が審査に通りやすい傾向にあります。安定した収入があれば、通常は審査に落ちる心配は少ないですが、それでもより確実に審査に通るためには年収の多さも影響してくるでしょう。

 

勤務先については公務員や正社員は審査で有利となりますし、勤続年数についても就職したばかりよりも何年も勤めている方が簡単に退職しないと考えられます。

 

また他社からの借入れは少ない方が、返済の負担が少ないため融資したお金の回収もしやすいと判断されることでしょう。居住年数についても長い方が容易に引越しをする心配がなく、持家ならば借金の踏み倒しをして逃げるという心配も少なくなります。

 

また一般的に健康保険は国民健康保険よりも社会保険証を持っている方が審査に通りやすいと言われているんです。会社という組織に属している人の方が、貸金業者の信用を得やすいということになるのかも知れませんね。

 

スカイオフィスのお金の借り方は振り込みのみ

スカイオフィスを利用する場合、お金の借り方は振り込みのみとなっているため、コンビニのATMでもキャッシング可能な大手のサービスのような利便性はありません。スカイオフィスでは平日の9時〜14時までに申し込みをすると即日融資も可能になっています。

 

ただし、審査内容や審査の混み具合などにより、この時間内の申し込みならば必ずしも今すぐ借りれるとは言い切れない部分もあるため、やはり振り込みによるキャッシングしか利用できないという不便さは感じますよね。もちろん、土曜日や日曜日・祝日には銀行も休業となっているため振り込みは不可となるんです。

 

それに対して誰もが知っているキャッシングサービスならば、土日や祝日であっても夜の9時や10時まで自動契約機が利用可能となっていて、来店により即日カード発行をすることで提携ATMからお金を今すぐ借りれる可能性があります。

関連ページ

お金の借り方〜アコム編〜
アコムを利用するお金の借り方について解説しています。大手の消費者金融の1つであり、むじんくんでも有名なキャッシングサービスであるアコムからお金を借りる方法は主に4つあるので、参考にしてみてください。
お金の借り方〜プロミス編〜
プロミスからのお金の借り方について解説。Web完結も可能であり、その場合にはカード発行なしも選択できるプロミスですが、申し込みの方法により契約や借り入れの方法が違ってきます。またプロミスにはフリーキャッシングの他にも便利なローンがいくつか用意されています。
お金の借り方〜モビット編〜
モビットでは、カード申込とWEB完結申込とで2つのお金の借り方が用意されています。両者はカード発行の有無や審査の際の電話での在籍確認の有無に関係しているのですが、WEB完結を選択するならば一定の条件を満たす必要があります。
お金の借り方〜アイフル編〜
大手消費者金融の1つ、アイフルは初めての利用であり無担保キャッシングローンを利用する場合には、30日間利息0円キャンペーンの利用が可能です。アイフルには通常のカードローンの他にもおまとめローンや女性専用ローンなど多くの商品が用意されていますが、今回はキャッシングローンからのお金の借り方について解説しています。
お金の借り方〜レイク編〜
レイクを利用するお金の借り方を紹介。レイクには2つの無利息サービスがあります。ただし、金利は銀行にしては高めとなりますので、無利息期間終了後の返済には注意が必要です。またレイクには自動契約機の利用が可能というメリットもあります。
お金の借り方〜東京スター銀行編〜
東京スター銀行のおまとめローンは複数の借金を一本化できる便利な商品です。利用には一定の条件がありますが、借金を1つにまとめるメリットが多いため、条件を満たすことができる方にはおすすめとなります。
お金の借り方〜ビアイジ編〜
中堅消費者金融のビアイジでは即日融資が可能になっている他、個人事業者貸付けや医療費貸付、専業主婦向け貸付けなど、他の街金にはないような商品の提供もしています。特に大手では取扱いのない専業主婦の利用が可能になっていることは、大きなメリットと言えるでしょう。
お金の借り方〜プランネル編〜
消費者金融のプランネルは、テレビショッピング会社の「日本文化センター」のグループ企業です。そのため、安心してキャッシングできる会社と言えるのですが、お金の借り方としてはフリーローンのみとなっているため、カードローンのような手軽さを実感することは難しいかも知れません。
お金の借り方〜ダイレクトワン編〜
スルガ銀行グループのダイレクトワン株式会社からのお金の借り方には4つの種類があります。通常のカードローンの他に、ペットオーナーや女性専用のカードローンもあり、複数の借金を一本化できるお借換えローンも用意されているんです。
お金の借り方〜マンモスローン編〜
マンモスローンは貸金業法に基づく借り換えローンの取扱い金融業者です。このローンは貸金業者からの借り入れが年収の3分の1を超えても、総量規制の例外として利用可能な借金一本化のための金融商品となっています。
お金の借り方〜キャネット編〜
サラ金業者のキャネットは、通常のローンとマイカーローンが利用できる消費者金融です。札幌に本社を置いていることから、道内に住んでいる方を優遇した融資を行っています。特にマイカーローンでは地域限定のローンサービスとなっているんです。
お金の借り方〜ライフティ編〜
ライフティは貸金事業とクレジット事業の2つを軸として営業を行っているのですが、前者ではカードローンとおまとめローンが利用可能となっています。ただし両者の利用条件については異なっている部分が多いのでそれぞれ確認してみてください。